ファンダメンタルズ分析、テクニカル分析、移動平均線分析、株式投資に関わる新聞材料やテーマ、ふるさと納税、お金に関するブログ 山田@元証券マンの投資情報

元証券マンの投資情報

株式相場

レオパレス21(8848)2日連続でストップ安。リバウンドはあるのか?

投稿日:2019年2月12日 更新日:

レオパレス21が2日連続でストップ安!株価は?

こんばんは、元証券マン山田(@investingstock4)です。

レオパレス21が2日連続でストップ安しています。

原因は先週発表された新たな施工不良問題です。

詳しくは昨日の記事をご覧ください。

レオパレス21(8848)の施工不良問題!株価はどうなる?

(参照:日経新聞レオパレス21株価

先週

2月8日金曜日

株価 415円 100円安(ストップ安)

出来高 45万4800株

 

本日

2月12日(火曜日)

株価 335円 80円安(ストップ安)

出来高 71万1300株

2日間で180円 約35%のマイナスです。

レオパレス21株を保有している人はかなりの痛手ですね。

またレオパレスのオーナー方々も大変です。

おそらくオーナー達はレオパレス21に対して集団訴訟をすると思います。

入居者には全額保証で退去要請という事ですが上記のツイートにもあるように迷惑料を請求できると思います。

最近ではアパート、マンションの建て替えでもオーナーは多額の迷惑料、退去費用を支払う事が普通にあります。

逆に普通に退去してくれる人はあまりいないと聞きます。

また会社の不正により大幅に株価が下落している為、株主集団訴訟の可能性もありますね。



レオパレス21(8848)リバウンドするのか?

結論から言うとレオパレス21株はどこかでリバウンドするはずです。

みんなそんな事はわかっていると思いますが。笑

まずレオパレス21の信用残を確認しましょう。

2月1日時点の東証信用残

買い残

191万株

売り残

433万株

2月1日時点で信用倍率は0.44倍

元々買い残よりも売り残の方が多かったんですね。

ストップ安初日と2日目の出来高の合計は

約116万株。

純粋な現物の買いもあると思いますが信用取引の売り建玉の買い戻しだと考えられます。

同時に売っている人もいるわけですがこの中にも新規の空売りが入っている事でしょう。

元々空売りが多く入っている銘柄の為、ストップ安が解消されてザラ場中に寄り付く事ができればリバウンドの可能性も十分ありえますね。

先日サンバイオの時にもブログに書きましたがここで再度相場格言をご紹介します。

「三空叩き込みは買い。」

「三空は埋める。」

という相場格言があります。

3つ窓を作ったら戻る。

3つ窓を作ったら1,2窓を埋めるという意味です。

ポイント

窓とは

窓とは日足チャートで重ならない部分の事を言います。

下記で具体的なチャートを見てみましょう。



(参照:日経新聞サンバイオ株価

赤い丸の部分が窓です。

4592サンバイオは5空でした。

5つ窓を作ったという事です。

この場合ですと格言通りにいけば

2月4日3710円に達すると1つ窓埋めになります。

結果的には2月8日に高値3690円で止まってしまったので窓埋めは完成していません。

しかしながらストップ安が解消されザラ場で寄り付いた値段は2440円(2月5日)でした。

寄り付きから高値まで1250円差があるの買えた方は大きな利益ですね。

(私は参戦できずでした。)

レオパレス21の場合は本日2月12日で2つ目の窓を形成しました。

明日下落して始まるとすると明日で3空になります。

初値では空売りも入ると思うので短期リバウンド、短期踏み上げ相場はあると思います。

あとは買い付けるタイミングですね。

酒田五法は風林火山―相場ケイ線道の極意

レオパレス21は倒産するのか?

結論はわかりません。

ですが衰退してくのは間違いないでしょう。

昨日も記事で書きましたが過去の安値を見ると

2013年の安値300円(1月)

2012年の安値153円(1月)

が気になる所です。

300円は明日には到達しそうですね。

施工不備に係る特別損失を 430 億円計上という事ですが・・・

それに合わせ株主、オーナー、住居者からの迷惑料や集団訴訟などを考えるとかなり金額になるでしょう。

平成30年12月末時点の現金預金は892億円あり、自己資本比率は35%なのですぐに倒産する事はないはずです。

しかしながらレオパレス21と同業種のライバル会社は沢山あります。

(ライバル会社も被害を受ける為、業界的に厳しくなるのかな。)

もう社会的な信用を回復させる事は無理だと考えられます。

そうなると業態転換するか他社に吸収、買収してもらうかという選択肢になると思いますが引き取り手があるかは不明です。

時間をかけそのまま倒産する可能性も十分にあり得ると思います。

今まで色々な不動産関係の上場企業を見てきましたが

・ブラックな体質の企業が多い。

・常に訴訟等のリスクを抱えている。

・不動産株はあまり儲からないイメージ(→私が下手なだけですね。)

1435 TATERU(旧インベスターズクラウド)

8358 スルガ銀行

も不動産が絡んだ不祥事です。

不動産株への投資はご注意を。




オススメ記事

レオパレス21(8848)の施工不良問題!株価はどうなる?

4592サンバイオがリバウンド?アナリストの考えは?

今日の日経平均株価と移動平均線!オススメの投資関係書籍!

ふるなびでサーティワン「アイスクリームギフト券」を貰おう!

応援して下さる方は[株ブログ]とB!ブックマークをお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加


いつも私のブログを読んで頂きありがとうございます。 稚拙な文章も多いはずなので何か変な点や間違った事があると思います。気づいたらぜひご指摘下さい。 ブログのお気に入り登録ツイッターフォローよろしくお願い致します。 はてなブックマーク、ブログ村もクリックもして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

-株式相場

Copyright© 元証券マンの投資情報 , 2019 All Rights Reserved.