ファンダメンタルズ分析、テクニカル分析、移動平均線分析、株式投資に関わる新聞材料やテーマ、ふるさと納税、お金に関するブログ 山田@元証券マンの投資情報

元証券マンの投資情報

株式投資で儲ける為の相場格言とは!?人の行く裏に道あり花の山!

株式投資で儲ける為の相場格言とは!?人の行く裏に道あり花の山!

株式相場

株式投資で儲ける為の相場格言とは!?人の行く裏に道あり花の山!

投稿日:

こんばんは。

元証券マン山田(@investingstock4)です。

今日は株式投資で儲ける為の相場格言とは!?がテーマです。

ある程度相場を勉強されている方、株式投資にまつわる本を読んでいる方は知っている格言かもしれません。




相場格言より狙える業種、会社の見つけ方をお伝えします。

完全に私の主観ですのでそんな考え方もあるんだくらいに考えて下さい。

投資は自己責任、自己判断の元、行って下さい。

それではいきます!

株式投資で儲ける為の相場格言

人の行く裏に道あり花の山

多くの人が注目し行きたがる場所へ行くのではなく、多くの人が注目しない場所にこそ素晴らしい場所があるという相場格言。

株式相場に関わる相場格言の中でもかなり有名なものです。

ちょっとした一例を。

TVで紹介された飲食店には人が群がります。

なぜ?

TVはそのお店を良いお店だと取り上げて人々に広めるからです。

みんな良い事を知り、そのお店に群がります。

良い事を知ってから群がります。

これは株の世界でも同じ。

好決算、画期的な新発明、特許、次世代技術を発表した銘柄には皆が買いを入れ群がります。

もちろん皆が買いを入れればその株は大幅上昇します。

しかしながら大幅上昇した後に株を買った人が皆儲かるかというと否です。

儲かる時もありますがその買値が高値だったなんて事も良くあります。

TVで紹介された飲食店、好材料を発表した銘柄は「人が行く道。」となります。

その「人が行く道。」の裏に花の山があります。



つまり

皆が注目していない銘柄にこそ旨味があるという事です。

発想としては逆張りの考え方ですよね。

今の相場で言うとどうでしょうか。

長期的に考えると銀行株、証券株あたりが「人が行く道の裏。」だと私は考えます。

銀行株、証券株ともに株価はボロボロですよね。

しかしながら現時点で収益は上がらないけど大きな資産を持っている金融系の企業は沢山あります。

 

特段、現在の銀行株、証券株に魅力を感じている人はあまりいないと思うので長期的に考えると良い結果をもたらすと思います。

超有名投資家CISさん

これはカブドットコム証券(8703)の事ですが完全に割安だと見込んで大株主に。

そして実際にTOBの発表が・・・。

常識で考えたらすぐに業績が上向く可能性がないだろう割安株を買っている。

これこそ「人が行く道の裏。」ですよね。

【株主】   [単]33,790名<19.3> 万株
三菱UFJ証HLD 17,647(52.0)
三菱UFJ銀行 2,103 (6.2)
日本マスター信託口 858 (2.5)
日本トラスティ信託口 598 (1.7)
自社(自己株口) 548 (1.6)
JPモルガン・バンク・ルクセンブルグ1300000 456 (1.3)
森貴義(CISさん) 438 (1.2)
野村証券 361 (1.0)
東京短資 346 (1.0)
日本マイクロソフト 345 (1.0)

(参照:SBI証券 国内株式 カブドットコム証券 8703 四季報



ポイント

・スクリーニングを使い、PBRから割安金融株を見つける。

・貸借対照表より現金同等物の残高を調べる。

・営業キャッシュフローを調べる。

・数年以内に倒産する可能性がある銘柄は避ける。

残る銘柄は?

ぜひスクリーニングして研究してください。

現金同等物と営業キャッシュフローはとても大切な項目だと思います。

自分で調べる事により投資の幅や銘柄の見方が変わります。

銘柄乗せろよ!っていう方もおるでしょうが銘柄推奨ブログではありませんのでご了承ください。

ツイッターには小さくつぶやくかもしれないのでぜひフォローも忘れずに。

元証券マン山田(@investingstock4

応援して下さる方は[株ブログ]とB!ブックマークをお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加


いつも私のブログを読んで頂きありがとうございます。 稚拙な文章も多いはずなので何か変な点や間違った事があると思います。気づいたらぜひご指摘下さい。 ブログのお気に入り登録ツイッターフォローよろしくお願い致します。 はてなブックマーク、ブログ村もクリックもして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

-株式相場

Copyright© 元証券マンの投資情報 , 2019 All Rights Reserved.