ファンダメンタルズ分析、テクニカル分析、移動平均線分析、株式投資に関わる新聞材料やテーマ、ふるさと納税、お金に関するブログ 山田@元証券マンの投資情報

元証券マンの投資情報

アイチャッチ画像

株式相場

移動平均線の使い方!これを理解するだけで相場は楽になる?初心者向け(株価と移動平均線の位置関係)

投稿日:2019年2月21日 更新日:

移動平均線の使い方 初心者向け

こんばんは、元証券マン山田(@investingstock4)です。

今日も移動平均線の使い方について書きます。

初心者向けの内容になるので上級者の方は見る必要はありません。

傾き、トレンド編を読んでいない方は先に下記の記事を読むことをオススメします。

移動平均線の使い方!これを理解するだけで相場は楽になる?初心者向け(傾き、トレンド編)

ツイッターでひげづらさんという方のブログを読みました。

非常にわかりやすく説明されたブログで内容も簡潔でした。

中でも

①傾き

②並び順

③現在値との距離

が大切だと説かれていますが同感でした。

これがわかるだけで相場が楽になると思います。

今回は私なりの移動平均線の使い方を解説していきます。

今回は週足ベースで13週、26週移動平均線を使って②並び順について書きます。

ここでいう並び順とは株価と移動平均線の位置関係の事を言います。

株式の売り買いをする際は現在の株価と移動平均線の位置関係に着目して下さい。



株価と移動平均線の位置関係

株価と移動平均線の位置関係から

上昇トレンド、下落トレンド

この2つの形、位置関係を覚えて下さい。

株価と移動平均線の位置関係で判断する上昇トレンド

今回はグレイステクノロジー(6541)の週足チャートで見てみましょう!

グレイステクノロジー(6541)週足チャート

(参照:ヤフーファイナンス 株式チャート グレイステクノロジー 週足チャート

グレイステクノロジー(6541)週足チャート

(参照:ヤフーファイナンス 株式チャート グレイステクノロジー 週足チャート

黒色の線で囲まれたところを見てください。

上から

①株価

②13週移動平均線(赤色・短期線)

③26週移動平均線(緑色・長期線)

の順番になっていますね。

この順番が上昇トレンドと言えます。

ちなみにこの形、順番はゴールデンクロスとも言います。

基本的に上記の順番であれば上昇トレンドの中にいると判断ができるはずなので基本は買い目線で良いと思います。

株式の売り買いをする際は現在の株価と移動平均線の位置関係に着目して下さい。

(参照:ヤフーファイナンス 株式チャート グレイステクノロジー 週足チャート

黒色の線で囲まれた部分が上昇トレンドの中です。

どの週を見ても

①株価

②13週移動平均線(赤色・短期線)

③26週移動平均線(緑色・長期線)

の順番ですね。



株価と移動平均線の位置関係で判断する下落トレンド

今回はマークラインズ(3901)の週足チャートで見てみましょう!

マークラインズ(3901)週足チャート

(参照:ヤフーファイナンス 株式チャート マークラインズ 週足チャート

マークラインズ(3901)週足チャート

(参照:ヤフーファイナンス 株式チャート マークラインズ 週足チャート

黒色の線で囲まれたところを見てください。

上から

①26週移動平均線(緑色・長期線)

②13週移動平均線(赤色・短期線)

③株価

の順番になっていますね。

この順番が下落トレンドと言えます。

ちなみにこの形、順番はデットクロスとも言います。

基本的に上記の順番であれば下落トレンドの中にいると判断ができるはずなので基本は売り目線で良いと思います。

マークラインズ(3901)週足チャート

(参照:ヤフーファイナンス 株式チャート マークラインズ 週足チャート

黒色の線で囲まれた部分が下落トレンドの中です。

どの週を見ても

①26週移動平均線(緑色・長期線)

②13週移動平均線(赤色・短期線)

③株価

の順番ですね。

ポイント

株価、13週移動平均線(短期線)、26週線移動平均線(長期線)の位置関係は全部で6種類あります。

それぞれ6種類の位置関係を理解する事が一番良いと思いますがここでは

①上昇トレンド

②下落トレンド

この2つの位置関係だけ覚えて下さい。

分かりやすく理解する為に上記2つ以外は中立と考えれば良いと思います。



株価と移動平均線の位置関係を考えた売り買いの判断

株価と移動平均線の位置関係だけを考えると

ポイント

●上昇トレンドは買い。

(買いを優先)

●下落トレンドは売り。

(売りを優先)

※順張りの考え方です。

これが基本です。

もちろんですが

上昇トレンド、下落トレンドの中でも売り買いのポイントがあります。

それは今度書く予定の株価と移動平均線の乖離率を参考にしましょう。

今回の「株価と移動平均線の位置関係」と昨日書いた「傾き、トレンド」を一緒に考えると相場が理解しやすくなると思います。

移動平均線の使い方!これを理解するだけで相場は楽になる?初心者向け(傾き、トレンド編)

移動平均線の使い方!これを理解するだけで相場は楽になる?初心者向け(株価と移動平均線の乖離率)



応援して下さる方は[株ブログ]とB!ブックマークをお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加


いつも私のブログを読んで頂きありがとうございます。 稚拙な文章も多いはずなので何か変な点や間違った事があると思います。気づいたらぜひご指摘下さい。 ブログのお気に入り登録ツイッターフォローよろしくお願い致します。 はてなブックマーク、ブログ村もクリックもして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

-株式相場

Copyright© 元証券マンの投資情報 , 2019 All Rights Reserved.