ファンダメンタルズ分析、テクニカル分析、移動平均線分析、株式投資に関わる新聞材料やテーマ、ふるさと納税、お金に関するブログ

元証券マンの投資情報

https://investingstock.net

ふるさと納税 日経平均株価分析

今日の日経平均株価分析!19,000円に壁!?トレンドに沿った投資をしよう!(2018年12月26日)

投稿日:2018年12月26日 更新日:

今日の日経平均株価分析と考察

今日の日経平均株価終値は19,327円171円高でした

今日はザラ場中は本業が忙しくてなかなか相場を見る事ができませんでした。引け後に分足を見ましたが19,000円の攻防でしたね。チャートだけ見る限り下では買いが続いて最後伸びましたね。本質的な買いはわかりませんが空売りの買い戻しも最後に上昇した要因の1つだと思っています。今日は追証間近の人は結果的に安心した形になりましたね。ですがみんなが安心する相場は危険です。これは私の経験則ですが安心こそリスクだと思っています。それではいつも通り移動平均線分析をします。

移動平均線分析

2018年12月26日(水曜日)日経平均株価 終値 19,327円171円高


5日移動平均線

20,005円

乖離率 -3.39%

平均線より株価が下 → ×


25日移動平均線

21,392円

乖離率 -9.65%

平均線より株価が下 → ×


5日線、25日線は依然右肩下がりが継続。25日線乖離率は昨日はマイナス10.8%、本日でマイナス9.65%。正直このマイナス乖離は行き過ぎているとは思います。私の個人的な予想では短期的に反発すると思っていますが大した幅は出ずに戻り売りに押されると思います。強気に買いに入るにはまずは25日移動平均線が横ばいに入らないと厳しいですね。。当然ですが移動平均線が右肩下がりなので株価が同じ水準を維持すればマイナス乖離は縮まってきます。そういった意味でマイナス乖離は小さくなりますが買いから入って利益が取れるかは依然不透明だと考えています。

なんで投資家は安い値段で株を買うの?

いつも疑問に感じています。株は安い所で買って、高い所で売れば利益がでるという単純な取引ですが・・・高い安いの前にリスクを考えるべきです。

私の相場の考え方をまとめてみました。

①今のトレンドは下なの?上なの?

②トレンドが下なら安い株を買わない、トレンドが上なら安い株を買う。

③押し目買いという言葉がありますが上昇トレンドでは有効。下落トレンドでは無意味。

④トレンドはどう判断するの?→いつも言ってる25日移動平均線の傾きを重視すればある程度わかります。

トレンドに沿った投資という意味では先日ご紹介したCISさんの考察記事を参考にして下さい。

ふるなびでふるさと納税をしよう!高所得者ほど美味しい!

ふるさと納税は年収が300万以上の方であれば皆得をする制度です。ふるさと納税関連の記事を読んでいると高所得者ほどふるさと納税を利用し、利益(返礼品)を得ています。しかしながら日本の平均年収(約450万円)前後の方ほど利用していない方が多いです。なぜ得する制度を利用しないのか。それは知識がなかったり、面倒くさいという言い訳が原因だと思います。中には倫理的な考えの元、やらない方もいるとは思いますが。。。今後、日本国内では所得の格差がさらに広がると思います。ふるさと納税は10分、20分程度で手続きが終わります。そんな短時間で格差が縮まる、高所得者に近づけるのであればやらない手はないと思います。私は来年もですがこの美味しい制度を利用し続けます。株式投資で利益を得るより、ふるさと納税で利益(返礼品)を取る方がよっぽど楽ですよ。皆で上流を目指しましょう!ぜひ下記記事をご覧ください。

ふるなび登録はこちらから。



2018年の記事まとめ

応援して下さる方は[株ブログ]とB!ブックマークをお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加


いつも私のブログを読んで頂きありがとうございます。 稚拙な文章も多いはずなので何か変な点や間違った事があると思います。気づいたらぜひご指摘下さい。 ブログのお気に入り登録ツイッターフォローよろしくお願い致します。 はてなブックマーク、ブログ村もクリックもして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

-ふるさと納税, 日経平均株価分析

Copyright© 元証券マンの投資情報 , 2019 All Rights Reserved.