ファンダメンタルズ分析、テクニカル分析、移動平均線分析、株式投資に関わる新聞材料やテーマ、ふるさと納税、お金に関するブログ

元証券マンの投資情報

https://investingstock.net

日経平均株価分析

テクニカルに忠実な相場!?今日の日経平均株価分析と考察(2018年12月10日)

投稿日:2018年12月11日 更新日:

今日の日経平均株価分析と考察

今日の日経平均株価終値は21,219円459円安でした。


週明け月曜日の大幅安は最悪ですよね。私は1週間の気分が悪くなります。しかしながらツイートしたように相場の上げ下げで気分が変わるようでは投資家失格。下がっても上がって利食い、損切を繰り返し利潤してく人が本物の投資家。テクニカルがいまいちな時に希望を持ってはいけませんね。上がっても買った株価には届かない様な相場。買いから入って勝つ確率負ける確率どっちが高いのかが重要ですね。

移動平均線分析

移動平均線分析です。

2018年12月10日(月曜日)日経平均株価終値 終値 21,219円459円安

日足


5日移動平均線

21,671円

平均線より株価が下 → ×


25日移動平均線

21,932円

平均線より株価が下 → ×


株価は5日、25日移動平均線の下に位置しています。

かつ両移動平均線ともに右肩下がりになってしまいました。

先週までは、再来週の19日(水)までは25日移動平均線の傾きは横ばい、上昇にはなりません。株価が上昇すればもっと早く転換できますがどうしたものでしょうか。と書きましたがこの水準を推移してしまうとしばらく25日移動平均線が上昇する事はありません。トレンドが弱い!そう判断されてしまうような感じです。

日経平均株価はどこまで下がるんですか?

私にはわかりません。急騰して株価が思い22,500円どころまで回復してもおかしくないと思うし、直近安値20,971円どころを割ってもおかしくないと思っています。約10年に一度到来しているリーマンショック級の大暴落が来てもおかしくないとは思っています。これは誰にも分らない事じゃないですか!?わからない事を考えても仕方ないと思います。だったらテクニカルの状態に従った方が得策ですか?安い時に銘柄を仕込んで急騰すれば爆益になりますが・・・それなりにリスクもありますよね。私の投資手法は「勝てるときに確実に勝つ!」別に底値、安値で買って高値で売ろうとは考えておりません。自分のやり方としては5日線、25日線を越えたり、25日線の傾きが横ばいから上昇に転じるまでは買いからは入る予定はありません。以前の記事で買いましたが株価が上昇する時は必ず25日線を抜いて上昇します。今はその時を待ちます。株式格言にも「株価を買うな、時を買え!」というものもあります。今日は飲み会で疲れているのでここまでにします。


オススメ記事

応援して下さる方は[株ブログ]とB!ブックマークをお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加


いつも私のブログを読んで頂きありがとうございます。 稚拙な文章も多いはずなので何か変な点や間違った事があると思います。気づいたらぜひご指摘下さい。 ブログのお気に入り登録ツイッターフォローよろしくお願い致します。 はてなブックマーク、ブログ村もクリックもして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

-日経平均株価分析

Copyright© 元証券マンの投資情報 , 2019 All Rights Reserved.