FXをするなら最低限の取引ルールを知ろう!FXを始める前に知って下さい。

FXをするなら最低限の取引ルールを知ろう!FXを始める前に知って下さい。

FX取引

FXをするなら最低限の取引ルールを知ろう!FXを始める前に知って下さい。

元証券マン山田(@investingstock4)です。

今回は、「FXをするなら最低限の取引ルールを知ろう!FXを始める前に知って下さい。」というテーマです。

私が証券会社に在籍していた時の経験を基に、FXを始める投資家が意外に知らない事や取引ルール、取引をする前に認識すべき事をお伝えしていきます。

FXをするなら最低限の取引ルールを知ろう!まずは取引ルールを把握して下さい。

FXとは?クリック365、店頭外国証拠金取引。

まずFXとは、外国為替証拠金取引の事を言います。

FXはデリバティブ取引、CFDの一種であり、証券会社に証拠金を差し入れて、そのお金を元に為替の取引をするという物です。

投資家は証券会社に資金を預けて、その資金を元に、レバレッジを最大25倍まで効かせ、取引をする事が出来ます。

そしてFXは大きく分類して3つの種類があります。

1つ目は、クリック365という取引所取引。

2つ目は、店頭外国為替証拠金取引。

3つ目は、海外FX業者です。

今回のテーマについては、利用者の多い、2つ目の店頭外国為替証拠金取引について書いていきます。

※クリック365(取引所取引)については、後日、解説できたらと思います。海外FX業者については、、、、。

FX業者、証券会社

FX業者、証券会社

皆さんご存じのFX業者、証券会社ですね。

これらのFX業者は、店頭外国為替証拠金取引を運営しています。

次の項目で店頭取引について説明をしています。

FXの店頭取引とは?

店頭取引とは、どんな取引でしょうか。

これは投資家の方は無意識で取引している為、知らない方も多いと思います。

店頭取引とは、お互いの合意の基、1対1で物、サービスを取引する事です。

昔の駄菓子屋さんをイメージしてください。

駄菓子屋さん

駄菓子屋さん

駄菓子屋さんの場合

①駄菓子屋さんは、問屋から駄菓子を仕入れて、価格を決めて販売しています。

②子供は、予算内で欲しいものを買います。嫌いな物や高いと思う物は買う必要はありません。

③駄菓子屋さんは、自由に販売価格を設定できます。万引きをする子供、迷惑な子供はお店を出入り禁止にする事もできます。

④子供は価格が高いと思えば買わないし、出入り禁止になれば他の駄菓子屋やお店に行くようになります。

この駄菓子屋をFX業者、証券会社に置き換えてみます。

証券会社

証券会社

FX業者、証券会社の場合

①FX業者は、インターバンク市場から為替レートを配信してもらい、売値(bid)、買値(ask)を決めて投資家に配信します。

②投資家は、FX業者に預け入れた証拠金を基に、為替の売買ポジションを持つことができます。価格に納得できなかったり、嫌いな通貨を取引する必要はありません。

③FX業者は配信する為替レート、スプレッド、スワップを自由に決める事ができます。また、取引開始基準、強制解約基準というものがあります。取引開始基準とは、口座開設の審査です。基準に満たない方は、残念ながら口座開設すら出来ません。強制解約基準については、約款に反した取引をした人を強制的に解約させる基準です。(例えばスキャルピング、自動売買ソフトウェアの利用などが代表的な基準です。)

④投資家は、配信される為替レート、スプレッド、スワップが納得できるものでなければ、無理にポジションを持つ必要はありません。取引開始基準に満たなかった人、強制解約になった人は他のFX業者、証券会社に行きます。

イメージが掴めましたでしょうか。

ここで何が言いたいかというと、

店頭取引とは

FX業者、証券会社が定めたルールの基、業者の言い値(FXの場合、為替レート、スプレッド、スワップなど)で金融商品を売買する取引の事を言います。

FXの店頭取引は大したコストがかからないと思いますが仮想通貨や外国株の店頭取引はものすごい手数料を持っていかれます。

FXをするなら最低限の取引ルールを知って下さい。知らないからと言って損失は補填されません。

最低限の知っておくべき取引ルール①:店頭取引はすべて言い値。

前章で伝えた通りですがFXの取引は、店頭外国為替証拠金取引の場合、為替レート、スプレッド、スワップのすべて、FX業者、証券会社の言い値での取引になります。

投資家の皆様は、FX業者、証券会社が作った相場の中で動く必要があります。

一般的な株式投資は、参加者通しで相場を作る形になりますが、FXの店頭取引、店頭外国為替証拠金取引は違います。

皆さん、これは覚えておいた方が良いですよ!

最低限の知っておくべき取引ルール②:レバレッジは最大25倍だが、フルレバレッジを掛ければ9割9分負けます。

ルールや為替の事を知らずにFXをしてロスカットされる人は、投資を舐めすぎていると思います。

以前、ブログでも書きましたが世間ではスプレッドが大きく開いたり、配信レートが短期的に大きく変動するとストップ狩りだとすぐに言う人がいます。

参考記事:FX取引のスプレッドとストップ狩りの真相は!?

しかしFX業者、証券会社の事や店頭取引について詳しい投資家はストップ狩りとは言わないでしょう。

それはなぜか!?

なぜならリスクを理解しているからです。

最低限の知っておくべき取引ルール③:目視できない為替レート。

為替の世界は、コンマ秒でレートが変動する世界です。

1秒間の間に何度もレートが変化する事は日常茶飯事。

株の世界でもAIやアルゴリズムを使った高速取引によって板情報が追えずディーラーが廃業しています。

当然、FX業者の取引ソフトウェア、アプリ、WEB上のツールでも人間の目では追えないし、通信速度の問題もあり、すべての配信レートを表示する事すらできません。

最低限の知っておくべき取引ルール④:利益、損失、共に投資家の責任。

投資の結果は投資家の責任です。

勝ったら貴方の資産は増えますが、負けたら貴方の資産は減ります。

投資の世界に足を踏み込んでいるわけですから、自己責任となります。

どんな投資もそうですが文句を言うのは論外。

私が大好きなyoutuberのJINさんもヒロセ通商について悪評をしています。

ですが、事前にヒロセ通商のFXの仕組みを知らなかったJINさんが悪いと思います。

普通の人はこのルールを知らないと思うが、ルールが分からず、その世界に入ってきた貴方に責任があります。

そのルールを知らなかった貴方が悪い。

投資家ならルールを知りましょう。

あと、急変動があった時にロスカットになるようなポジションを持っている時点でリスク管理が出来ていないとも言えます。

最低限の知っておくべき取引ルール⑤:スプレッドが開いている時間帯は基本的に取引をするべきではない。

当然の事ですが、スプレッドが開いている時間帯に取引をすべきではないと思います。

不利なレートで取引をする羽目になると思います。

短期売買は投資というよりは、投機です。

スプレッドが広る時

①流動性が低い時

②経済指標発表前後

③ボラティリティが高い時

スプレッドが広がる時間帯での取引は要注意です。

FXをするなら最低限の取引ルールを知ろう!まとめ。

知らないあなたが悪い。

投資とは無情な世界です。

投資をする時は、最低限の取引ルールを勉強して、理解しましょう。

私の知っている数百億の資産を持っている資産家は、相場観があり、先見性があります。

そして、取引のルールについてはしっかりと把握されています。

運だけで成り上がる人もいますが、資産家の投資家のほとんどが経済の仕組み、取引ルールを把握しています。

そして、当然、このルールを前提に投資活動をしています。

 

最低限の知っておくべき取引ルール

①:店頭取引はすべて言い値。
②:レバレッジは最大25倍だが、フルレバレッジを掛ければ9割9分負けます。
③:目視できない為替レート。
④:利益、損失、共に投資家の責任。
⑤:スプレッドが開いている時間帯は基本的に取引をするべきではない。

今回はFXについての最低限のルールについて記事にさせて頂きました。

初心者向けなので、中級者、上級者には物足りない内容だったかもしれません。

ですが、このルールは最低限の取引ルールです。

もちろん他にもルール、ポイントはあります。

私と共に学んで、皆で情報共有をしていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

オススメ動画

バイナリーオプションに潜む詐欺と儲けのカラクリ!国内FX業者、海外FX業者。

応援して下さる方はぜひチャンネル登録をお願いします。

オススメ記事

FXの税金完全保存版。繰越控除、損益通算と職業別の確定申告について。

FX取引のスプレッドとストップ狩りの真相は!?

FX業者のスプレッド最挟戦争が勃発!オススメFX業者は?

FX業者の収益構造はどうなっているの?カバー取引と配信レートについて

youtubeチャンネル

youtubeチャンネル登録

twitterアカウント

ツイッター

ツイッター

応援クリック

応援して下さる方はクリックをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加



にほんブログ村 株ブログへ

-FX取引

© 2020 元証券マンの投資情報