ファンダメンタルズ分析、テクニカル分析、移動平均線分析、株式投資に関わる新聞材料やテーマ、ふるさと納税、お金に関するブログ

元証券マンの投資情報

https://investingstock.net

日経平均株価分析

明日以降のポイントと今日の日経平均株価分析と考察(2018年11月26日・月曜日)

投稿日:2018年11月26日 更新日:

今日の日経平均株価は21,812円165円高でした。寄付き前8時30分前後に先物の気配を見た時は100円~150円安くらいでした。寄付き後の分足の動きを見てみると10時前から上昇に入ったようですね。大引けでは165円高という形になり陽線を形成しました。3日連続陽線(11月20日は一応陽線ですがほぼ十字足)、底入れ、上昇サインの赤三兵という形になりました。先週末のNYダウの動き、ハイテク株の下落、WTI大幅安などの動きを確認していたので不安ではありましたが、今日の日本市場の動きを見ていると以前よりは心理が改善していますかね。2025年の万博開催地が大阪に決まった事により建設株や倉庫株が上昇、これも心理がプラスに働いたといった所でしょうか。夕方時点でNYダウ先物も日経先物も高いようなので明日に期待したい所ですね。

移動平均線分析

いつもの分析いきます。これはチャートを確認すればわかる事なのですが初心者の方にはとても大切な指標になると思うのでぜひ見てください。感覚的に相場の見方を覚える事ができると思いますよ。

2018年11月26日(月曜日)日経平均株価 終値 21,812円 165円高

日足

5日移動平均線 21,674円 →0.63% 平均線より株価が上 → 〇

25日移動平均線 21,851円 → -0.17% 平均線より株価が下 → ×

日足では5日線を日経平均株価が上回ってきました。5日線を抜けてくると短期的に需給、心理が良くなります。25日線は平均線より株価が依然下回っています。まだ弱めですがマイナス乖離がかなり小さくなってきました。明日、上昇すれば抜けてくる水準です。先週末の分析では5日は株価と同水準、25日線に関してはマイナス乖離という事でしたがこの25日線の乖離率も0近くになって来たので先週と比べると心理的な改善が見受けられます。25日移動平均線の傾きに関しては日経平均株価が現在株価を維持して30日(金曜日)を迎えると下向きから横ばいに変わります。明日以降上昇すれば早ければ28日(水曜日)、29日(木曜日)に下向きから横ばいに変わります。これはトレンドの変化になる可能性があるので要注意です。もちろん騙しになってしまう可能性もあるのでその点は注意が必要かと思われます。

週足

13週移動平均線 22,555円 → -3.29% 平均線より株価が下 → ×

26週移動平均線 22,536円 → -3.21% 平均線より株価が下 → ×

先週と同じく13週、26週共に平均線より株価が下にいますね。

週足ベースではやはり22,500円どころがポイントですかね。

ここのラインを抜けられると強含みそうです。

移動平均線は遅効性がある指標なのでそこは注意ですが上昇トレンドになればあと出しでも十分に勝てると思います。今の状況を考えると簡単に上昇トレンドになるかと言われると難しいですが、先週よりも状態が良化している事は間違いないでしょう。

明日以降のポイント

ツイッターでも書きましたが

11月は日経平均株価の月足が陽線になりやすいアノマリー(10月31日終値 21,920円)

感謝祭明けの週は陽線になりやすいアノマリー(11月26日終値 21,647円)

過去数年は11月に買って、翌年2月に売るとパフォーマンスが良くなるアノマリー

30日(金曜日)から始まるG20と米中首脳会談

やはり一番のポイントは④。米中貿易摩擦問題は簡単に終わることはないと思っていますが少しでも前進して欲しいですね。先週と同じですがどっちに転んでも対応できる余力、ポジションを作って下さい

大手証券会社のテクニカルレポートを入手しました。今日は厳しいと思いますがタイミングを見てまとめてみようと思います。

読んでみよう

応援して下さる方は[株ブログ]とB!ブックマークをお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加


いつも私のブログを読んで頂きありがとうございます。 稚拙な文章も多いはずなので何か変な点や間違った事があると思います。気づいたらぜひご指摘下さい。 ブログのお気に入り登録ツイッターフォローよろしくお願い致します。 はてなブックマーク、ブログ村もクリックもして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

-日経平均株価分析

Copyright© 元証券マンの投資情報 , 2019 All Rights Reserved.