即金でお金が手に入る口座買取、口座売却!お金が欲しい人!お金がない人必見!

https://investingstock.net

FX取引 株式相場

即金でお金が手に入る口座買取、口座売却!お金が欲しい人!お金がない人必見!

2020年1月28日

元証券マン山田(@investingstock4)です。

今日のテーマは、「即金でお金が手に入る口座買取、口座売却!お金が欲しい人!お金がない人必見!」です。

初めにお伝えしておきますが、口座買取、口座売却は犯罪です。

絶対にやめましょう。

気づいたら逮捕されてしまう。

気づいたら普通の生活が送れなくなる可能性が出てきてしまう。

人生がめちゃくちゃになります。

今回、お金が欲しい人、お金がない人、必見とさせて頂きましたが、

お金が欲しい人、お金がない人が騙されて、口座買取や口座売却をする事が多いのでこの様なタイトルにさせて頂きました。

私は金融機関に勤めて10年以上経ちますが、口座買取、口座売却をしてしまった方とお話しした事が何度もあります。

その経験に基づいて伝えていきたいと思います。

即金でお金が手に入る口座買取、口座売却とは?

口座買取、口座売却とは?

まず口座買取、口座売却についてですが、言葉の通り、金融機関で作った口座を買い取ってもらう事、売却する事です。

銀行

銀行

証券会社

証券会社

口座とは銀行口座、証券口座の事です。

銀行口座や証券口座のいずれかは誰しもが1つは持っていますよね。、

口座買取、口座売却とは、銀行口座、証券口座を他人に売却する事です。

ツイッターを見てもこのようなツイートが。

このようなツイートを見る限り、金融機関の口座買取、売却をしたい方は沢山いるようですね。

この行動。

売る人も買う人も犯罪です。

絶対に関わらないで下さい。

犯罪収益防止法違反、詐欺罪、幇助犯、教唆犯になる可能性が多いにあります。

口座買取、口座売却を斡旋する人

口座買取、口座売却を斡旋している人はどのような人か。

これまで、口座買取、口座売却を斡旋している人のほとんどがヤクザや半グレを始めとした反社会勢力の方々でした。

しかしながら最近では、普通に会社勤めしているサラリーマンや学生などが副業の一環として斡旋活動しているケースも多いです。

パターンとしては

・犯罪だと分かっているが収入の為に斡旋している人。

・犯罪の重さ、事の重大性を分かっていない人。

・犯罪だと知らない知識のない人。

こんな方が多いと思います。

もし貴方の知り合い、友人から口座売却を進められたらその方とは縁を切るべきです。

上記パターンのいずれかに該当する人だと思いますが、そんな人間と付き合っていても良い事はありません。

その友人や知り合いに説教する価値があると思えば、怒りを込めて、説教してあげて下さい。

真の友人だったら出来るはずであり、真の友人なら理解してくれるはずです。

※当然ですが犯罪だと知らなかったとしても、前科が付く可能性もあります。

口座買取、口座売却で騙される人、斡旋される人

騙された人

騙された人

口座買取、口座売却で騙される人、斡旋される人の特徴は下記の通りです。

・最低限の世間一般の常識がない人。

・圧倒的な知識不足。

・何もわからずネットワークビジネスのサークルや勉強会に参加している人。

・お金に困っている人

実際に口座買取、口座売却をする人はこの4つの内、どれかに当てはまる人が多いと思います。

そもそも普通の人だと、金融機関で作った自分名義の口座を他人に売却する機会はないと思うし、実際にそのような紹介や斡旋があった場合、本当に良いのか、悪い事ではないのかと疑うはずです。

特段、お金に困っている人は、やむを得ず、ヤバイ、悪い事をしているという認識を持ちながら、口座買取、口座売却をしている人もいると思います。

最近では大学のサークルやネットワークビジネスの交流会や勉強会で、「貴方の口座を売却すると〇万円手に入りますよ。」、「身分証経書の画像を送ってくれたら、私が口座を作るのでその口座をくれたら、〇万円払います。」などといった勧誘も流行っています。

絶対に騙されないでください。

当に貴方の人生がめちゃくちゃになります。

過去に、取り返しのつかない事になってしまった人に出会った事もあります。

なぜ口座買取、口座売却を斡旋する人が沢山いるのか。

犯罪者

犯罪者

それはお金になるからです。

現在の口座買取、口座売却の相場は、金融機関によって大小様々ですが1口座0.5万円~2万円くらいです。

まず銀行口座についてですが、口座の買取をした人は何をするのか。

・さらに口座を売却する。

・自らの犯罪収益の振り込み先、引き出し口座として活用します。

・マネーロンダリングする為の口座として活用する。

それぞれ説明をしていきます。

・さらに口座を売却する。

→ヤクザや半グレにさらに高額な金額で口座を転売します。

ヤクザ、半グレは振り込め詐欺を始めとした犯罪収益の振り込み先、引き出し口座として活用します。

マネーロンダリング用の口座として活用する事も。

・自らの犯罪収益の振り込み先、引き出し口座として活用します。

→口座を転売せずに、自ら詐欺等で活用する人もいます。

・マネーロンダリングする為の口座として活用する。

→お金の出所を複雑にさせる為に通過させる1つの口座として活用する場合もあります。

振り込め詐欺を始めとした詐欺行為で得られる収益は多大です。

2017年の振り込め詐欺などの特殊詐欺の被害額は約400億円です。

犯罪者の方々は、この収益をどのように現金化するのかがポイントになり、他人名義の生きた口座が必要になります。

冒頭でも犯罪収益防止法違反、詐欺罪、幇助犯、教唆犯になる可能性があると伝えたのは、この事です。

貴方が売却した口座は、詐欺に利用されます。

貴方が口座を売却した場合、貴方も犯罪者になります。

罪収益防止法違反、詐欺罪、幇助犯、教唆犯になり、罰金だけなく、実刑を科される事もあり。

証券口座を買取した人は何をするのか。

・アフィリエイト収益を得る。

・キャッシュバック収益を得る。

・マネーロンダリングの為。

それぞれ説明していきます。

・アフィリエイト収益を得る。

→FX業者、仮想通貨業者、証券会社は高額なアフィリエイト報酬をアフィリエイターに支払う事によって、口座開設数を伸ばして、収益向上を図っています。アフィリエイターは1口座開設すると数千円~数万円のアフィリエイト収益を得る事が出来ます。FXの大手業者だと1口座の開設で約3万円もの収入になります。

・キャッシュバック収益を得る。

→これはFX業者に多いですが、ある一定量の取引をすると数万円のキャッシュバックを受ける事ができます。

取引量によって大きく変わりますが1口座につき、最大で10万円ほどの収入になる場合もあります。

・マネーロンダリングする為の口座として活用する。

→お金の出所を複雑にさせる為に通過させる1つの口座として活用する場合もあります。

証券口座を経由させる事で、さらに資金移動が複雑になり、調査に時間がかかります。

口座開設、キャッシュバック収益は証券会社に対しての詐欺罪、アフィリエイト収益はアフィリエイトASPに対しての詐欺罪、マネーロンダリングは犯罪等収益移転防止罪に問われます。

即金でお金が手に入る口座買取、口座売却の危険性

危険性その1:犯罪になる事。

貴方の売却した口座が振り込め詐欺やマネーロンダリングなどに使われてしまった場合、貴方も立派な犯罪者になります。

(正確には口座を売却した時点で犯罪となります。)

犯罪幇助犯、犯罪教唆犯となり、犯罪収益防止法違反、詐欺罪に問われます。

罰金刑から実刑まで幅広い罪に問われる可能性があります。

危険性その2:金融機関で口座が作れず、利用できなくなる可能性がある事。

口座買取、口座売却が発覚すると金融機関で口座を利用する事や新たに口座開設する事が出来なくなります。

最悪の事態を考え、貴方がどこの銀行も利用できない状態になったらどうでしょうか。

公共料金、携帯代金、クレジットカードの支払い、そして・・・給与の受取。

これらすべてが出来なくなる可能性があります。

口座買取、口座売却をすると、罪に問われなかったとしても、普通の生活が遅れなくなる可能性があります。

全国すべての銀行口座が使えなくなると思ったらゾットしませんか。

ちなみに金融機関では、疑わしい取引の届出という制度があります。

簡単に言うと怪しい取引や犯罪の臭いがする取引について、金融庁に報告するというものです。

当然ですが口座買取や口座売却が発覚した口座については、すべて金融庁へ報告がなされます。

また、現在では様々な協会がある為、協会へ報告する可能性もあります。

危険性その3:気づいたら多大な借金を生んでしまう事も

この口座買取、口座売却には本人確認書類、マイナンバー関係の書類に売買が伴う事もあります。

本人確認書類、マイナンバー関係の書類があれば簡単にお金を借りる事が出来ます。

口座買取、口座売却を斡旋した人は

①手に入れた本人確認書類を利用して、銀行口座を開設、SIMカード(携帯キャリア)を契約。

②消費者金融や銀行のカードローンに申し込み。

※在籍確認がある場合は、勤務先、法人の固定電話番号を使います。大体の犯罪組織は、実際に登記のある企業を利用します。

金融機関からお金を引っ張る事は、ある程度、内情が分かっている人にとっては簡単です。

③とんずらするタイミングを考え、実行する。

この①~③の手順で、簡単に借金を作れます。

お金以外の事も無視したら斡旋する人の気持ちもわかる気はします。

なぜなら簡単にお金を手に入れる事が出来るからです。

しかし、口座買取、口座売約した人の末路はどうでしょうか・・・・。

もうここまで伝えれば口座買取、口座売却の危険性は良くわかりましたよね。

もし貴方が口座買取、口座売却をしてしまった時の対処法

すでに貴方が口座買取、口座売却をしてしまったらどのように対処すれば良いでしょうか。

まず口座買取、口座売却をしてしまった場合、その口座はほぼ確実に犯罪に利用されます。

その犯罪を防ぐ為にはどのようにしたら良いでしょうか。

これは元証券マンの視点ではなく、一個人としての見解を述べます。

①速やかに銀行口座、証券口座の解約する。

基本的に金融機関の口座開設をする場合、居住確認として書類が自宅に届くはずです。

(犯罪収益移転防止法<犯収法>の施行規則の改正により、現在では必ずしも書類の郵送が義務付けられておりません。)

その為、貴方はどこの金融機関に口座があるのか把握できるはずです。

書類が届いたすべての金融機関に口座解約、口座廃番を伝えましょう。

基本的に金融機関の本人確認は、

①氏名

②生年月日

③住所

④電話番号

⑤メールアドレス

上記5つの内、2~4つの照合を行い、本人確認をします。

貴方の口座がすでに斡旋先の犯罪者の手に渡っとしても、本人確認が出来るはずなので、口座解約、口座廃番が出来る可能性は高いです。

※1人の元証券マンとして、業界人として、こういった発言をする事がどうかと自分でも思いますが・・・犯罪が起きていない事を前提に、何事もなく口座を解約、廃番できればそれが貴方(口座買取、口座売却をしてしまった方)にとって一番ベストです。色々と問題があるので、理由は述べませんが出来るならこの方法が一番です。ただし本人確認書類とマイナンバー関係の書類を「口座買取、口座売却」を斡旋する人に渡している場合は別です。直ちに警察に連絡して、事情を話して下さい。

②警察に相談する

これは自首みたいなものですね。

貴方が売却した口座がまだ犯罪に使われていない場合は、将来的な被害は少なくなると思います。

ただし、口座を開設してしまった金融機関での取引は、一生できなくなる可能性があります。

警察に相談すると、①の「速やかに銀行口座、証券口座の解約する。」、もしくは「ログインや取引の制限するように。」、このどちらかが指示されると思います。

正直に警察に相談し、警察の指示に従うのが一番ですね。

即金でお金が手に入る口座買取、口座売却!お金が欲しい人!お金がない人必見!のまとめ

まとめます。

ここまで色々と書いてきましたが口座買取、口座売却をするとどうなるのか。

ポイント

・貴方が売却した口座は、詐欺に利用されます。

・貴方が口座を売却した場合、貴方も犯罪者になります。

(犯罪収益防止法違反、詐欺罪、幇助犯、教唆犯になり、罰金だけなく、実刑を科される事もあり。)

・金融機関で口座が作れず、利用できなくなる可能性がある事。

・気づいたら多大な借金を生んでしまう可能性がある事。

口座買取、口座売却は絶対にやめて下さい。

もし貴方の近しい方に、口座買取や口座売却をしている人がいたら教えてあげて下さい。

「たった数万円で貴方の人生は壊れます。」

そして、その斡旋者、犯罪者は「貴方の売却した口座を使って、貴方が手に入れた〇万円の数倍の収益を上げています。」と。

もし口座買取や口座売却をしてしまって不安な方がいたらツイッターで連絡を下さい。

私なりの最善の処置をお伝えします。

※これは金融機関からの目線ですが、口座買取、口座売却が金融機関で発覚するととても面倒な事になります。

事実確認の為の調査、事の発端、経緯等についての報告書の作成、口座開設時の状況検証、口座開設から現在までの記録・証跡の確認、電話の録音調査、当局への届け出、社内の対応等など・・・。金融機関の部署によっては仕事がめちゃくちゃ増えます。

 

オススメ記事

マクロミルは儲かるのか? 実践一ヶ月目の収支

マクロミル活動2か月経過!収益報告と稼ぎ方のコツとポイント!

下記は私のyoutube動画です。

「誰でも出来る!損しない!副業はこれだ!月5,000円のお小遣いが欲しい人!アルバイト?アフィリエイト?株?FX?マクロミル?何が良い?」

youtubeチャンネル

youtubeチャンネル登録

twitterアカウント

ツイッター

ツイッター

応援クリック

応援して下さる方はクリックをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加



にほんブログ村 株ブログへ

-FX取引, 株式相場

© 2020 元証券マンの投資情報