ファンダメンタルズ分析、テクニカル分析、移動平均線分析、株式投資に関わる新聞材料やテーマ、ふるさと納税、お金に関するブログ 山田@元証券マンの投資情報

元証券マンの投資情報

https://investingstock.net

株式相場

今日の日経平均株価と移動平均線分析(11月20日火曜日)

投稿日:2018年11月20日 更新日:

今日は日経平均株価 21,583円 238円安でした。相場は本当に厳しい状態が続いていますね。こんなにも悪い時間が長い相場は久々な気がしています。

移動平均線分析

いつものやつ行きます。イメージをつかんでください。

5日移動平均線 21,746円 → -0.75% 平均線より株価が下 → ×

25日移動平均線 21,973円 → -1.77% 平均線より株価が下 → ×

主要な2つの平均線より株価は下に位置しています。

状態は変わりませんね。私の考えではやはりまだ強気にはでれません。

また25日移動平均線の傾きも右肩下がりの傾向です。

週足を見てみましょう。

13週移動平均線 22,631円 → -4.63% 平均線より株価が下 → ×

26週移動平均線 22,547円 → -4.27% 平均線より株価が下 → ×

13週、26週共に右肩下がりですね。日足もですが週足も弱い感じです。

ちなみにこの週足の乖離率からみると今年最大のマイナス乖離は2018年3月19日の週になります。その時は13週移動平均線がマイナス7.82%26週移動平均線がマイナス7.2%となっています。

一般的には

5%以上の乖離で相場が目先反転と言われています。

10%以上の乖離で天底であると言われています。

ちなみに私が重視している移動平均線の傾きには遅効性がある為、横ばい、上昇傾向に入った時には株価はすでに底からは上昇しているので注意が必要です。これは投資手法や考え方で大きく投資行動が変わってくる為、注意して下さい。

最後に

今日は短めに終わります。米中貿易摩擦問題の懸念が和らいだり、薄れたりしないと相場が大きく反転するのは厳しそうな感じもします。月末のG20に向けて米中間は表面化で貿易に関する話し合いを行っていると思いますので・・・どんな形になるのか。

今、私が言えることは・・・安い株を買うより、相場で生き残る事、含み損を拡大させない事を一番に考えて下さい。相場が良くなれば誰もでも利益は取れます。毎日トレーディングを行う専業、プロの方は問題ないと思いますが一般の方は無理せず取引して下さいね。

相場が読めない時は様子見、減玉をお勧めします。安易な買い増し、ナンピンはやめましょう!

今日はツイッターで3名の方からメッセージを頂きました。ありがとうございます。とても励みになります。

また、私がフォローしているブロガーさんの中でとても良い記事を書かれている方もいるのでタイミングを見てご紹介できたらと思っています。有益な情報を提供しているブロガーさんは結構いますね。そんな方々とどこかで交流を図れれば嬉しいですね。

それではおやすみなさい。

読んでみよう!

応援して下さる方は[株ブログ]とB!ブックマークをお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加


いつも私のブログを読んで頂きありがとうございます。 稚拙な文章も多いはずなので何か変な点や間違った事があると思います。気づいたらぜひご指摘下さい。 ブログのお気に入り登録ツイッターフォローよろしくお願い致します。 はてなブックマーク、ブログ村もクリックもして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

-株式相場

Copyright© 元証券マンの投資情報 , 2019 All Rights Reserved.