ファンダメンタルズ分析、テクニカル分析、移動平均線分析、株式投資に関わる新聞材料やテーマ、ふるさと納税、お金に関するブログ 山田@元証券マンの投資情報

元証券マンの投資情報

https://investingstock.net

株式相場

米国が中国を為替操作国に認定!米ムニューシン財務長官が判断を。

投稿日:

おはようございます。

元証券マン山田(@investingstock4)です。

ここ数日、不安定な相場が続いておりますが今朝

米国が中国を為替操作国に認定というニュースが流れております。

米国のムニューシン財務長官が決定したとの事です。

為替操作国の認定はクリントン政権以来の出来事。

改善がない場合は関税、規制を強化する可能性あります。

この件で中国と米国の対立はさらに悪化する事が明確となっています。

昨日の記事にも書きましたが前場の中国人民元には注目です。

トランプ大統領も「中国が為替を過去最低水準まで下落させ。これは為替操作だ。」と発言しているようです。

トランプ大統領のツイッターを見てみると昨日の夜の段階で中国に関する批判を何個かツイートしていますね。

いい加減相場には落ち着いてもらいたいところですが日経先物はこんな感じに。

日経平均先物 8/6 5:30 SBI証券アプリ

日経平均先物 8/6 5:30 SBI証券アプリ

(参照:日経平均先物 8/6 5:30 SBI証券アプリ)

寄り付きの段階で3日間合計で1000円以上の下落になりそうです。

こんなにも不安定で難しい相場。

どう対象すべきか!?

ポイント

・退場しない事。

➡️信用取引をやられている方は預託率に余裕を持ちましょう。追証回避の投げ、維持率割れの強制決済は一度に大きな損失を伴います。

・売買する場合は価格と時間軸をばらしてリスク分散しながら売買しましょう。

➡️ピンポイントで当てることは不可能という前提の元、行動した方が良いでしょう。

・株、投信などを毎月積み立てている方にとってはチャンスかも。

➡️積み立て投資、ドルコスト平均法は下落時に買える為、長期的な運用パフォーマンスが良いと言われています。長期的に時間が取れる方は相場が不安定な時こそ我慢して解約、売却せずに買い増し続行が正解だと思われます。最後、精神的に耐えられなくなって売却してしまった場合、その付近が安値になるといった株あるあるがあります。

皆様の御武運をお祈りしています。

応援して下さる方は[株ブログ]とB!ブックマークをお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加


いつも私のブログを読んで頂きありがとうございます。 稚拙な文章も多いはずなので何か変な点や間違った事があると思います。気づいたらぜひご指摘下さい。 ブログのお気に入り登録ツイッターフォローよろしくお願い致します。 はてなブックマーク、ブログ村もクリックもして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

-株式相場

Copyright© 元証券マンの投資情報 , 2019 All Rights Reserved.