ファンダメンタルズ分析、テクニカル分析、移動平均線分析、株式投資に関わる新聞材料やテーマ、ふるさと納税、お金に関するブログ 山田@元証券マンの投資情報

元証券マンの投資情報

アイキャッチ画像

https://investingstock.net

デイトレ

4月 デイトレ結果と反省点

投稿日:

こんにちは。

元証券マン山田(@investingstock4)です。

4月相場、平成最後の相場も終わりましたね

今日は4月の私の稼働状況。

4月のデイトレ結果。

4月のデイトレの反省点を書きます。




4月 私の稼働状況

4月の稼働状況

4月の営業日

20営業日

稼働営業日数

17営業日

4月は20営業日ありましたが

その内、9営業日は海外にいました。

海外生活前半はノートパソコン、スマホ、タブレットを使い取引をしていまいた。

後半はスマホのみでの取引となりました。

どちらもコンドミニアムを数日単位で借り、WI-FIも完備されていましたが通信速度が遅かったり、接続機器数の制限があったりと厄介でした。

普段自宅では3画面モニターPC、タブレット、スマホ、TVをフル活用しており環境が大きく変わっていました。

結論ですがいつもと違う環境で取引をするべきではないという事ですね。

海外渡航前まではかなり調子の良い形で利益を積み増ししていましたが渡航後はボロボロでした。

4月のデイトレ結果

結果

証券口座

月初から月末の損益率

プラス12.1%

結果的に運用はプラスになりました。

正確な記録をすべて残しているわけではないので

証券口座残高の推移がしっかりとわかっているわけではありませんが

私の記録では第1週目の損益率がプラス22%でした。

4月5日 株式相場 デイトレ日記

こちらに書きましたね。

参考

第1週目 損益率 プラス22%

月初から月末の損益率 プラス12.1%

第2週目の後半から海外生活になりましたがそこからかなり減らした形になりますね。

私が投入している資金は少額なので目標は損益率プラス100%。

最低でも損益率プラス50%は目指したい所です。



4月のデイトレ反省点

1日信用取引(ハイパー空売り)の持ち越し

1日信用取引(ハイパー空売り)の持ち越しで大失敗をしたケースが2回ありました。

1回目は結果的にプラスになりましたが2回目は大きな損失となりました。

狙い自体悪かったとは思っていませんがデイトレを中心にやっているはずが自分にとって都合の良い判断を取ってしまい失敗しました。

また1日信用(ハイパー空売り)はコストが相当高いですね。

元々わかっていた事ですが・・・。

損失額のほとんどの部分がコストでした。

美味しい銘柄も多々あるので使い方次第ですね。

売り買いの銘柄選定

朝の寄付きの段階で売り・買いで入れる銘柄をしっかりと選定していないとまずいですね。

寄付き後の騰落率ランキングはみんなが見ているものなので参考にはなると思いますがそこだけで銘柄を探しても取れませんね。

材料、チャート、信用残、出来高、寄付き前の板状況をしっかり確認して銘柄選定をもっとしっかりする事を心がけようと思っています。

取引回数と精度

株式市場自体はゼロサムゲームでありお金の取り合いをしています。

しかしながら証券会社の利益となる売買手数料、金利がかかります。

これがネックですね。

私が昨年まで勤めていた対面証券会社では相当高額な売買手数料を頂いていました。

それと比べるとネット証券の売買手数料は相当安いです。

約1/20くらいですかね。

しかし売買回数の増加は大きなコスト増になります。

売買回数を抑えながら銘柄選定の制度を高める事が重要だと思っています。

含み益銘柄、含み損銘柄の持ち越しについて

含み益銘柄の持ち越しは何度かあったと思いますが少なかったです。

含み益プラスチャートや出来高、材料の具合から良い銘柄は持ち越した方が利益が大きくなりますよね。

デイトレ中心ですが良い銘柄は持ち越すように心がけたいと思います。

対面証券会社時代も含み益銘柄を伸ばすことができる人が利益を取ることが出来ていたと思います。

逆に含み益になった銘柄をすぐに売ってしまう方はトータルで損する確率が高いと思っています。

マネーゲーム、アルゴ色が強い銘柄は慎重に

4588 オンコリスバイオ

この銘柄の事ですね。

4月は約20回ほど取引をしています。

しかしながら損益率を低下させる原因となった銘柄の1つになってしまいました。

この銘柄ですが相当動きが激しいです。

一度動き出すとアルゴリズム取引も活発になり板状況を目で見て判断する事が出来ません。

板の状況が読めなくなると取引判断の材料が1つ減るわけですから精度は下がりますよね。

こういった銘柄への参戦は極力控えた方が良いのかなと思っています。

売りでも買いでも高値、安値で玉を持っている人の心理状態をもっと考えて読む事

株式投資は心理ゲームでもありますよね。

その銘柄を高値で持っている人、安値で持っている人、長期的な投資家が多いのか、短期的な投資家が多いのか・・・・。

それぞれのポジションを持った人の立場を客観的に考えて取引する必要があるかと思います。

もっと考え、精度を高める必要が必要ですね。

損切に際しても状況の変化を敏感に感じる事、自分にとって都合の良い判断をしない事もとても大切だと感じています。



最後に

4月の取引は損益率をプラスにすることは出来ましたがかなり不満足な結果となりました。

反省点が多々あるので来月は毎日このページの反省点を確認しようと思います。

そして平成相場も終わりました。

来月からは令和相場となります。

GW明けからまた共に頑張りましょう!!

このブログを読んでくださって何か皆様のお役に立てれば幸いです。

 

おススメのトレードツール

トレードステーション

トレードステーション

 

応援して下さる方は[株ブログ]とB!ブックマークをお願いします。

にほんブログ村 株ブログへ

にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加


いつも私のブログを読んで頂きありがとうございます。 稚拙な文章も多いはずなので何か変な点や間違った事があると思います。気づいたらぜひご指摘下さい。 ブログのお気に入り登録ツイッターフォローよろしくお願い致します。 はてなブックマーク、ブログ村もクリックもして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

-デイトレ

Copyright© 元証券マンの投資情報 , 2019 All Rights Reserved.